The Cala

アジア言語と社会に関連する学問の再定義を探究

特集出版

言語、文化、社会

THE CALA

CALA(アジア言語人類学会議)は、アジア諸国や地域に焦点を置き、毎年開催される言語人類学に関する会議です。アジアの言語人類学と関連する様々な分野を議論するために世界中から学者が集まりますが、東洋学に従事する者、言語人類学者、言語学者、または人類学者のみに限定する事はありません。

CALAは完全に非営利の組織であり、すべての関連出版物は無償の盲査読システムを受けています。そしてCALAは、会議へのアクセスに資金を必要とする人々を支援するための資金/助成金を調達しています。

可動性
当会議の開催地は、複数の大学をネットワークで結ぶ事で毎年変更され、そこでは、当会議科学委員会の助言を受けた会議本部委員会が、各会議についてそれぞれの大学と協力しています。
特徴

CALAのフレームワークには、各学者が発表、出版、そして成長するためのサポート、そしてこの分野全体の成長を促進するために世界中の機関との協力サポートを提供しています。

各会議の議事録と出版物(定期刊行物/モノグラフ)はSCOPUSでインデックス付けされるため、発表が認められたすべての学者のためにランク付けされ引用された出版物に寄附します。

論文募集

The CALA 2020の第2回論文募集は、2019年5月23日に開始し、2019年8月23日に締め切ります。

会議

The CALA 2020は、2020年2月5日から8日の間、マレーシアのサラワク州にあるマレーシアプトラ大学で開催されます。

Li Wei編集長 | ロンドン大学 |

Miguel Pérez-Milans編集局長 | ロンドン大学 |

言語、文化、社会の 複雑な共通点における思考と理解を促進する最先端研究用のインターナショナルプラットフォーム。

国際人類学協会